女性は愛されている実感が欲しいのです!!

 

婚活をしている人は、少なからず「寂しさ」「物足りなさ」といったことを

何気ない生活の中で感じていると思います。

 

ふとしたときに、隣に笑いえる人がいたらもっと楽しいのに、と思ったり

なんだか寂しい

誰かに必要にされたいな…

と思ったり…。

 

特に女性は、これといった理由が無い時にも孤独感を感じたり

 

誰からか愛されたいな

自分だけを見てほしいな

 

と思う瞬間があります。

 

「愛されたい」

「私だけを見てほしい」

「私だけを想ってほしい」

 

こういった欲求は、大切な男性から愛されることでしか満たされません。

 

女性には母性と言う本能があり

愛情や思いやりなどを人に「与える」ということが自然にできます。

周りの人に気を遣ったり、尽くしたり、助けたり、愛情を注ぐことができます。

 

「与える」ことが本能的にできる女性も、心の底では自分も与えられたいと思っています。

それは不特定多数からの優しさなどではなく、たった一人からの、それも特別な男性からの愛情なのです。

 

そのことを、男性はどのくらい理解されているでしょうか…。

 

女性は、自分の人生において

精神的に支えてくれる人、自分だけを愛してくれる人

が現れるのを待ち望んでいます。

 

しかし男性は、女性に比べて無条件に「与える」ということが苦手です。

自分でも苦手だと自覚してしまっているから

余計に素直に愛するということがわからなくなってしまっているのかもしれません。

 

しかし、女性を愛することは、実はそんなにテクニックがいることでも、難しいことでもありません。

 

ただ静かに、女性の隣に寄り添ってくれたらいいのです。

女性が大切な男性に求めることは

 

 

親身に話を聴いてほしい(意見やアドバイスを求めているわけではありません。)

 

自分の話すことに興味をもってほしい 

 

自分が苦しんでいる時に同情し、静かになぐさめて(寄り添って)ほしい

 

自分の味方でいてほしい

 

優しく抱きしめてほしい

 

「愛してるよ」「好きだよ」と言葉で伝えてほしい

 

最後の二つは、愛情表現が苦手な男性にとっては一歩踏み出す勇気のいることかもしれません。

 

しかし、より大事なのはそれ以外の項目の方です。

 

女性は自分の思い、悩み、整理のつかないモヤモヤな状況など

すべて誰かに話し聞いてもらうことでスッキリします。

女性がいつまでもぺちゃくちゃとお喋りしているのはそのせいです。

女友達と話すことで確かにストレス発散できますが、それだけで心が満たされるわけではありません。

 

心が満たされるのは、特定の大切な男性に寄り添ってもらいながら話をきいてもらい

「この人だけは私の味方だ」

「私を受け止めてくれる人だ」

と感じた時です。

その時に、「私は愛されている」と実感することができるのです。

 

愛されている実感が欲しい女性の気持ちを理解できれば

男性も大切な女性への関わり方がわかると思います。

寄り添って、親身に話を聴いてあげてくださいね。