人の良いところを見つけられる人はモテる!

 

婚活を長く続けている人ほど、

人の長所よりも短所に目がいってしまいます。

 

目の前にいる人を、

「どんな素敵なところがある人かな」

という姿勢で見るのではなく、

 

まるで審査員のように、

「顔は合格点、ファッションまぁまぁ、話し方キライ…」

というように、採点しようとします。

 

そして、自分の合格点に達しない人は不合格になり、

そのまま関係は終わり。

 

こんな婚活をして言えば、良いご縁があるわけもなく、

全然結婚できない…という悪循環。

 

そして、

 

「どうせ良い人はもう結婚してるんだ。」

「自分には結婚は無理なんだ」

 

と諦めモードに…。

 

本当に結婚できないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

相手の欠点ばかり探すような出会い方をせず、

相手の良いところを沢山探すような出会い方をすれば、

婚活はガラッと変わります!

 

◆人の良いところを見つけられる人はモテる!

 

◎人を好きになりやすくなる

人の良いところを見つけられる人は、

その人に対して好感を持ちやすくなるので、

好きになりやすい、というメリットがあります。

 

「好きになってもらうことはメリットだけど、

自分が相手を好きになることがなんでメリットなの?」

 

と思われるかもしれませんね。

 

婚活において「人を好きになる力」って、実はとっても大事!

 

婚活を長く続ければ続けるほど、

 

「人を好きになる事ができない」

「好きという感情がどんな感じかわからなくなってきた」

 

という声、少なくないのです。

 

人を好きになれない人は、

相手の良いところを見つけられないから好きになれない、

ということがあります。

 

人を好きになる力のない人は、

どれだけ婚活を続けていても結婚できません。

 

そういう意味で、

人の良いところを沢山見つけて、

好意を持つ、ポジティブな関係を築いていく、

ということは成婚までに大事なステップです。

 

 

◎人から好かれやすくなる

 

自分の良いところを沢山見つけてくれる人からは、

目が輝いていて、ポジティブな姿勢から自分への好意が伝わります。

 

自分のことを好意的に受け止めてくれる人には、

自分も好意を抱きやすくなりますよね。

 

良いところを見つけるという事は、

好きなったり、好きになってもらったりと、

幸せなループの中に入ることができるのです。

 

 

◆リフレーミングで相手の良いところを探そう!

 

今現在、人の粗探しをすることが癖になっている人は、

自分の思考を変える訓練が必要です。

 

そのために有効なのが、リフレーミング。

マイナスな言葉を、ポジティブな言葉に置き換えて発言するようにしてみましょう。

 

例えば、

 

「あー今日も仕事で疲れた…。また仕事沢山押し付けられたし…」

 

これをリフレーミングすると、

 

「あ~今日も充実してたな。信頼されてるし、明日も頑張ろう!」

 

どうですか?

同じ出来事でも、捉え方で全然違うことのようですよね。

 

これは、相手に対する言葉かけでも同じです。

 

「お仕事お忙しいんですね。

でも、それだけ任されているということは信頼されているからだし、

お仕事もやりがいがあるでしょうね!」

 

こんな風にポジティブな考え方をしてくれると、

疲れも飛んでいくようで元気をもらえますよね。

 

また、相手の欠点に気づいてしまった場合も、

リフレーミングしてみましょう。

 

  • つまらない→真面目な人
  • 無口→話をよく聞いてくれる、落ち着きがある
  • 意思が弱い→柔軟性が高い
  • うるさい→活発、明るい、元気
  • 頑固→意志が強い、信念がある
  • 強引→エネルギッシュ
  • ケチ→経済観念がある
  • 変わっている→個性的、味がある

 

このように、欠点だと思っていたところを長所に変えてお相手を見てみると、

印象が180℃変わって素敵な人に思えることがあります。

 

 

◆人の良いところ探しを癖にする

 

お見合いでは、「この人の良いところを時間内に5ツみつけるぞ!」

という意気込みで臨むことで、好感度がお互いに高まります。

次のデートに繋がったら、また新たに、

「この間は気づかなかった良いところをまた5ツ見つけよう!」

思いながらデートすることで、

とても楽しく充実した時間になります。

 

良いところ探し、是非習慣にしてくださいね!!