もっと良い人いるという考えは捨てよう!

 

婚活は、長期目線で活動するよりも、

短期集中型の方が成婚が早い!

なぜかというと、

婚活を長く続けれるほど、

自分にふさわしい人がわからなくなり、

一人を選ぶという婚活において何より重要な決断ができなくなるからです。

 

◆ダラダラ婚活で陥る “もっといい人いるかも病”

婚活をしている間は、何人もとの出会いがあります。

婚活を長く続けている人ほど、良くも悪くも見る目が肥えてしまい、

これまでに出会ってきた人と、今目の前にいる人をつい比べてしまいます。

 

目が肥えれば良い人を選び抜けるのかというと、そうではありません。

自分にふさわしい人を決断する力がなくなってしまいます。

 

「前に会った人の方が良かったな。あの人を断ったんだから、もっと良い人と交際しないと。」

「この人も良い人だけど…本当にこの人で決めていいのかな…。もっと良い人と出会えるかもしれない!」

「今この人に決めてしまうと、もっといい人と出会えるチャンスを逃してしまうかも!」

と、「まだ見ぬもっと良い人」に、「出会えるかもしれない!」という、

“もっといい人いるかも病”  になってしまい、

なかなか交際の決断ができません。

 

その「まだ見ぬもっといい人」に「出会えるかもしれない!」というあまりにも漠然とした期待は、

真剣に結婚をしたいと考えて婚活をしている人には大変危険なことです。

 

まだ出会っていない人へ期待を膨らましたところで、

本当にそんな人はいるのでしょうか?

 

仮にいたとして、仮に出会えたとして、

あなたは「選ばれる側」としてふさわしい人になっているでしょうか?

 

“もっといい人いるかも病”の人は、

目の前に素晴らしい人がいてもそれに気が付かず、

せっかくの素晴らし出会いのチャンスを逃してしまいます。

 

一人ひとりとの出会いを大切にし、

目の前にいる人の「良い所」を沢山見つけることのできる人の方が、

素晴らしい出会いを掴むことができます。

 

◆好きになる力

交際する為には、「交際相手として選ばれる」必要がありますが、

実は「選ばれる」以上に、自分が「相手を好きになる力」が求められます。

自分磨きを頑張ってきた方々は、

・好きになってもらう為の会話力

・好きになってもらう為の行動

・好きになってもらう為のファッション

 

など、惚れさせる力はありますが、

「相手を好きになる力」が乏しくなっていることがあります。

 

好きになってもらう為、選ばれるために頑張ってきても、

いざ素敵な人が現れた時に「好きになれない」ということが起きているのです。

 

実はこういったケースは珍しくなく、

婚活を長く頑張っている方によくあるケースで、非常事態だと認識しています。

相手を好きになることができなければ、結婚どころか、交際にも至りません。

 

では、「好きになる力」を持つためにはどうすれば良いのでしょうか…

答は一つではないでしょうし、人それぞれに合った答があると思いますが、

一つ上げるとすれば、目の前にいる人の「良い所を見つけること」です。

婚活で出会った人は勿論、仕事で出会った人、プライぺートで会った人など、

目の前にいる人の良い所を意識的に沢山見つけることで、その人の魅力を感じるようになり、

それが「好き」に繋がっていくからです。

 

◆「好き」にこだわりすぎてしまう

長期間の婚活によって「好きになれない」という

「好きなる力の低下」が問題になるのと同時に、

「好き」にこだわりすぎてしまいます。

 

好きになれないのに、好きにこだわりすぎる…

 

これがどんどんご縁を遠ざけ、

成婚までどんどん遠回りしてしまうことになります。

 

婚活でご成婚された方には、お互いに一目ぼれや、

すぐに意気投合してあっという間に成婚される方もいれば、

 

初めは「好き」という感情があるかどうかわからなかったものの、

「出会えたのもご縁」という思いでお付き合いをしていったら、

好きという感情を通り越して、

「パートナーとしての信頼感・情・絆・愛情」

を感じるようになり、成婚にいたったという方もいらっしゃいます。

 

◆交際への決断力

最後に重要なのが、交際への決断力

ご縁があり、素敵だなと思うようになっても、

交際への一歩を踏み出せないと結婚へは近づけません。

 

最初にお伝えしましたが、

「もっといい人がいるかもしれない」

と、何かと理由をつけて交際を決断できずにいると、どんどん時間ばかり過ぎていきます。

子どもが欲しいと思っている方は尚更、

結婚には「年齢」「時間」という制約があることを忘れずに、

交際も結婚も、最後に決断するのは自分だということを心に留めていただきたいと思います。