男女別デートの会計で注意すべき行動!!

 

今回はデートの会計でするべき行動を男女別に解説していきます。
デートのお会計問題はいつの時代も尽きることはありません。お会計時の行動ひとつで関係性が悪くなることもあります。

自分では当たり前と思っていることでも実は相手に沿わないこともお会計の行動だけでせっかくのデートが不意になってしまうのは非常に勿体ない話です。

このような事態は回避する可能性を少しでも上げておきたいところです。

男性の注意点

女性は自分に尽くしてもらえているかの確認のひとつでお会計の支払いを指標にすることが多いです。

おごってもらって気分を害する人は少ないですが、割り勘の場合は相手女性の気分を害する可能性があることから、お会計は男性が全額支払った方が無難ではないでしょうか。

女性は男性よりも恋愛や結婚に関してリスクがあるので、それを踏まえてデートのお会計は男性が負担した方がいいのでしょう。

ただ、この時に女性がお礼なり少しでも支払う意思表示が見られない場合は女性が「デートの会計は男性が支払って当然」と思っている可能性が高まるので注意が必要です。

女性がこのような態度であれば今後の交際を継続するか否かの指標にしてもいいかもしれません。

女性の注意点

女性の意見でデートでおごってもらえなかったことを嘆く人がたまにいますが、まずデートの会計は男性が全額払うことは当たり前ではないことを頭に入れておいた方がいいでしょう。

そうしないと「おごってもらって当たり前」という感じになってしまいます。

おごってもらって当たり前という考えの女性を良く思う男性はいないので男性からの評価はほぼ間違いなく下がります。

もし男性にお会計を出してもらった時は、お会計の時に女性も支払う意思表示をしたりお礼を言ったりすることで男性からの印象は良くなります。

逆に支払いの意思表示やお礼がない場合、男性から敬遠されたあげく、次のデートがなくなる可能性まであります。